«« 古いMacから新しいMacへ切り替える際の2大ポイント | 血溜まりスケッチもとい魔法少女まどか☆マギカの第4話〜第13話+Web限定話をズバリ予想する »»

海外でも、出来るだけ日本のメディアを楽しむには?

2011年1月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
海外で日本のテレビや本を見るにはどうすれば良いのでしょうか?サーバを設置したり電子書籍を利用するなどして、なんとかゲットする方法を紹介します。


当然と言えば当然なんですが、海外へ行くと日本の情報は入手し辛くなります。
具体的には、日本の書籍・雑誌・漫画は海外ではなかなか売ってないです。
それに、テレビの電波も届かないので、NHKの国際放送だけになります。

まぁ折角海外に来たのだし、郷に来ては郷に従え。
一丁海外メディア漬けになって視点を切り替えてみるか…なーんて気になるか!ラノベ読みながら深夜アニメを見ないと俺は死ぬ!という人向けに幾つかアイデアをまとめてみた。

=テレビ編=

・予め日本側にメディアサーバを構築しておく

日本にWindows PCを置いていける方が対象です。
日本側のWindows PCに、テレビ線をつないでPCに遠隔から操作できるメディアサーバ的ソフトをインストールして、海外へ持っていくクライアントPC・スマートフォンからそれを見るというやり方です。

試した事はないのですが、PCソフト「Orb」及びiPhoneアプリ「Orb Live」とかが代表例として上げられると思います。

http://ipodtouchlab.com/2008/11/iphone-3gorblive-290.html
iPhone 3Gでどこでもテレビの生放送が観れる「OrbLive」 - 今日のアプリ第290回 - Touch Lab - タッチ ラボ

・KeyHoleTV

http://www.v2p.jp/video/
KeyHoleTV & KeyHoleVideo−キーホールテレビ&キーホールビデオ−

「いや、海外へ行く際に日本の住まいは引き払ったよ」という人は、ビデオ録画機能はありませんし、iPhoneアプリは通常ルートはなくてJailbreakしないと入手できなかったりしますが、「KeyHoleTV」が良いかもしれません。

このソフトを使うと、日本で放送されている一部地上波およびラジオをP2Pで経由して見ることができるようになります。
公式にはWindows / Mac / Linux / Windows Mobileの一部機種がサポートされています。

=書籍・雑誌編=

人によっては、海外に雑誌・書籍をまとめて持っていったり、配送したりする人もいるそうです。
私も以前インドへ配送を頼まれた事がありますが、注意点があります。

それは「移動の際に発生する破損」です。

飛行機内の気圧差や大雑把な輸送扱いによって、本が同梱した味噌まみれになる悲劇も。

https://kuje.kousakusyo.info/tsunezune/archives/2010/08/000411ems.shtml
小包をEMS(ゆうパックを海外へ送る)で配送依頼したら、ゴミ状になって相手に届いた件について : つねづね思ふこと 〜 ゲームやアニメに特撮ネタの紹介を中心とした日記系サイト

そこで、オススメするのが電子書籍化による配送です。
※ただし、私自身は以下の方法を実際に試した事はありません。

電子化すると、1冊の雑誌が1つのファイルになりますので、SDカードやUSBメモリに入れれば何冊でも1枚のチップで運べる様になります。

巨大ファイルがメールアドレスで送れる「宅ふぁいる便」などのサービスと組み合わせれば、そもそも輸送する必要すらなく、且つ日本とあまり時間差なく読めるでしょう。

http://www.filesend.to/
無料大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」

ただ本をめくる感触などはなく、iPadに代表される電子ブックリーダーが欲しい所。
パソコンやiPad Touchでも動作しますが、読みにくいかもしれないのが注意点です。

1.業者を使って電子化してもらう

業者に本や雑誌を送ると、以下の作業を全て業者が代行してくれます。
難しい知識や、裁断ミスのリスクも少なく楽です。

http://www.bookscan.co.jp/

BOOKSCAN(ブックスキャン) 低価格・書籍スキャンサービス - 大和印刷

当然ある程度お金がかかります(1冊100円)が、数回しか使う予定が無いのでなければ、こちらの方法がオススメです。

2.自力で電子書籍化する

以下のものを用意します。

2-1.裁断機もしくは電子レンジ

まずは、本をスキャナに通す為バラバラにします。
とは言え、裁断機もLEDで切り口が分かりやすく、且つA4書籍対応した物は結構高額みたいです。

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
プラス (2009-09-01)
売り上げランキング: 130

そこで聞いた話ですが、本を繋ぎとめている糊は熱に弱いらしいです。
予算のない方は、電子レンジで代用出来るかもしれませんので、試してみるのも良いかも。

 2-2.紙を連続でスキャン出来るスキャナScansnap

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
posted with amazlet at 11.01.16
富士通 (2009-02-07)
売り上げランキング: 75

そうして裁断・分離した書籍をPDFへ変換する機器、ScanSnapは1分間に20枚という高速度で読み取れるので、自炊派に人気です。
が、amazon価格で4万円ぐらいするのはちょっとキツいですね。

以上もし良かったら参考にして下さい。


投稿者 kuze : 2011年1月16日 13:14


■このエントリーに関連した記事

■「実用ソフト&サイト」カテゴリの最新記事

«« 古いMacから新しいMacへ切り替える際の2大ポイント | 血溜まりスケッチもとい魔法少女まどか☆マギカの第4話〜第13話+Web限定話をズバリ予想する »»


自己紹介
PHPやVBによるコーディングやシステムエンジニアを仕事にしています。
主にiPhoneアプリの紹介やWeb開発などのPC系の話題と、アニメやゲームなどのサブカルな話題を取り扱っています。

[PR]

instagram

カテゴリ

最近のエントリー

最近掲載した画像
  • GitHubへ『Manually image classification for AI』を公開しました
  • うどんを見ながら時刻がわかる『うどん時計』を公開しました
  • うどんを見ながら時刻がわかる『うどん時計』を公開しました
  • Flickrから指定したキーワードに関する画像とかをダウンロードするimage-loader-from-flickrを公開しました
  • 「四月一日さん家の」は緩い3姉妹ものだけど、両親について謎が隠されていて油断できない
  • サーモス ステンレスランチジャー(保温効果付き弁当箱)であったか昼ご飯を食べている今日このごろ
  • 大人の麻しん対策としてMMRワクチンを予防接種してきた
  • 親知らずのむし歯を治療して合わせて神経も抜いてもらいました

RSS
更新情報はRSSをご利用下さい