«« 網膜ディスプレイと脳波コントロールの融合で、ARとクラウドは真価を発揮する! | スーパーマリオ3Dランドは、アクションゲームが苦手でも結構進めた! »»

「僕は友達が少ない」の第4話が残念すぎた(いい意味で)

2011年11月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
「僕は友達が少ない」アニメ版第4話は、新登場の理系担当がアレ過ぎた。普通のロボットアニメのバトルシーンがナレーションひとつであんなに見方が変わってしまうなんて知りたくなかったw。


「僕は友達が少ない」という同名ライトノベル原作の深夜アニメ第4話を見たんですが、理系担当(志熊理科[CV.福圓美里])がいい意味で酷すぎて良かった。

「僕は友達が少ない」は、自称友達がいないという大体高校生達が集まって、隣人部というクラブを創設、友人を作ろうとするという話です。
・・・しかし、気がつけば主人公の周りでは、幼き日の親友(女)・百合属性・理系女子・男の娘・ロリシスターと揃いまくっていつも過ごしている~しかも彼女らは全員(イラストレータ)ブリキフィルター適応済み~にも関わらずですよ。
何が友達がなんとかとかだ、このリア充ふざけるな!後で主人公は職員室へ来い!!説教だ!!!

(正直、原作はまだ未読ですけど)最初「シャフトは偉大だったんだなぁ」と、同じキャラクターデザインのブリキ氏が担当していたにも関わらず、「電波女と青春男」と比較して女の子の光沢度が減っているこのAIC製アニメにちょっとがっかりしました。
が、今回の第4話で大きく評価が上げましたよ。

部員メンツのうち「理系女子・男の娘・ロリシスター」がいきなり集結する回なんですが、さすがにこれだけ一気に増えれば、それぞれあまり印象に残らないかと危惧した・・・時が私にもありました。
とにかくこのうち理系女子の自己紹介で行われた残念ぶりが、凄かった。

ぱっと見、普通のロボットアニメのバトルシーンにも関わらず、あんなナレーションをつけるんじゃない!(声優さん熱演しすぎ!)
もうこれからガンダム系のロボットアニメを見たら、あんな風に脳内変換を見たらしてしまうやないけ!
ある意味、プリキュアを見る度に「でもあの子達笑顔でいるけど、中身はゾンビなんだろうな・・・」とか考えさせられる「魔法少女まどか☆マギカ」並の罪作りなシーンでした。

ちなみに昼食後ふと脳内記憶がとかフラッシュバックしてしまい顔がにやけてしまったら、職場で社長からマークされてしまった(実話)。
どうしてくれる、責任者出てこい。

それはともかく、今後も期待しています!

僕は友達が少ない (MF文庫J)
平坂 読
メディアファクトリー
売り上げランキング: 185

【おまけ】


投稿者 kuze : 2011年11月13日 09:37


■このエントリーに関連した記事

■「アニメ・コミック・ライトノベル」カテゴリの最新記事

«« 網膜ディスプレイと脳波コントロールの融合で、ARとクラウドは真価を発揮する! | スーパーマリオ3Dランドは、アクションゲームが苦手でも結構進めた! »»


自己紹介
PHPやVBによるコーディングやシステムエンジニアを仕事にしています。
主にiPhoneアプリの紹介やWeb開発などのPC系の話題と、アニメやゲームなどのサブカルな話題を取り扱っています。

[PR]

instagram

カテゴリ

最近のエントリー

最近掲載した画像
  • GitHubへ『Manually image classification for AI』を公開しました
  • うどんを見ながら時刻がわかる『うどん時計』を公開しました
  • うどんを見ながら時刻がわかる『うどん時計』を公開しました
  • Flickrから指定したキーワードに関する画像とかをダウンロードするimage-loader-from-flickrを公開しました
  • 「四月一日さん家の」は緩い3姉妹ものだけど、両親について謎が隠されていて油断できない
  • サーモス ステンレスランチジャー(保温効果付き弁当箱)であったか昼ご飯を食べている今日このごろ
  • 大人の麻しん対策としてMMRワクチンを予防接種してきた
  • 親知らずのむし歯を治療して合わせて神経も抜いてもらいました

RSS
更新情報はRSSをご利用下さい