«« ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫):最後あたりのフラグ回収は好き(少しネタバレ有り) | 白衣性恋愛症候群(初代)、はつみお姉ちゃんルートについて »»

特撮博物館はやっぱり「巨人兵東京に現わる」が最高の見所!

2012年9月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都現代美術館で開催している特撮博物館へ行ってきました。「巨人兵東京に現わる」からは爆発好きなら一気にテンションが上がりますね!巨人兵が東京をあの手この手でひたすらぶっ壊すだけという短編映画を見た後、どのように作られたのかという制作現場を見たのが良かった。


今東京都現代美術館にて開催されている『館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』へ行ってきました。

http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

因みに今回のイベントはチケットを買うのにも、私が到着したときは30分ぐらい待たされる。
ですが、実は事前に東京都現代美術館ま向かいのローソン(もしくはネットでチケット購入してご家庭のプリンターで印刷)でもチケット購入が出来、このプロセスをすっ飛ばせました。

東京都現代美術館向かいのローソン

あぁ受付のお姉さんに確認してよかった。

さて、この特撮博物館では、サブタイトルに「ミニチュアで見る昭和平成の技」と書いているだけはありCG(デジタル技術)はタブー扱い。
ですので円谷英二の隣にAdobe After Effects CS6とか、どこかのワークステーションが置いてあると言うことはない。
最初は宇宙船やドリルに潜水艦・戦闘機などのミニチュア模型とか、着ぐるみ、事件性を示す新聞報道(輪転機をバックに出てくるこのカットはネットの普及か最近全く見かけませんね)などが出迎え。

うん、分からん。

私は30代後半だが、ウルトラマンやガメラなどの怪獣ー特に平成以降のものなら愛着が持てる。
特に大学時代に見た「かっこいいガメラ」こと平成ガメラシリーズは傑作でした。

ですが、昭和特撮はさっぱり分からん。
また大人の事情なのか、今でも放送中で身近なスーパー戦隊シリーズとか、仮面ライダーなどマスク系ヒーローは取り上げないか、解説が殆どなし扱いなのも残念。

しかし「巨人兵東京に現わる」からは爆発好きなら一気にテンションが上がります!

途中で立ち止まって9分程度のこの映画を見るコーナーがあるのですが、スタジオジブリ作品ということになっているからって、巨人兵が東京をあの手この手でひたすらぶっ壊すだけという、絶対幼少の子が見たら泣き出してトラウマになること受け合いのいい短編映画(なお焦土ものが苦手な方は省略可)。

この後どうやって「合成は除き」いかにCG無しでこの映画そして映画の特撮シーンはどのようにアナログ技術を駆使して作っていくかというのを紹介していく展示が熱かった!

コレですよコレ!

確かに今や何でもありのCGに比べて(ただ最適な表現を現実的な時間内に計算完了させるには相当の頭の良さと割り切りが必要なんでしょうけど、直接ものに触れて作るものじゃないしね)、独特の熱気を感じた。
特にビルがプロトンビーム喰らった後、ワンテンポ遅れて溶解が始まりたちまち崩壊していく流体の動きがめっちゃいい!
でもこんなに作るのが大変なら、唯でさえ不況で予算がない昨今、確かにこりゃ廃れるはw

基本的に行列を捌くためか著作権の都合か内部の写真はNG。
しかし、ショップ手前のミニチュア市街地は、撮影OK!
アングルによっては先の短編映画「巨人兵東京に現わる」のような写真も撮れるようなので遠巻きに、何枚か撮ってみました。

特撮スタジオ・ミニチュアステージ:特撮博物館

これ以上近づくためには、また待ち時間が発生しそうなので時間もないし挫折。
会場限定500円カプセルフィギュアのガラポンを一回やって帰りました。

会場限定カプセルトイの3.焦土:特撮博物館

一部で濃いニーズはあるものの、特撮全般の大人向け企画展は聞かないし大盛況でした。
とはいえ、とにかく入場しても人混みでやたらあちこちで待たされるからしんどい。
行くとしたらある程度分かる好き物が集まって見に行くのがオススメです。


投稿者 kuze : 2012年9月16日 01:26


■このエントリーに関連した記事

■「特撮」カテゴリの最新記事

«« ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫):最後あたりのフラグ回収は好き(少しネタバレ有り) | 白衣性恋愛症候群(初代)、はつみお姉ちゃんルートについて »»


自己紹介
PHPやVBによるコーディングやシステムエンジニアを仕事にしています。
主にiPhoneアプリの紹介やWeb開発などのPC系の話題と、アニメやゲームなどのサブカルな話題を取り扱っています。

[PR]

instagram

カテゴリ

最近のエントリー

最近掲載した画像
  • JAPANGLEの特撮爆破と、はりきり体育ノ介の博士オーバーアクションが見応えあり
  • Super Audio CDはクソ、(最近の)Macで再生できねー!
  • 未来のミライはタイトル&予告編詐欺だった(ネタバレ)
  • 未来のミライはタイトル&予告編詐欺だった(ネタバレ)
  • 先日ドメインとサーバーを引っ越しました
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • ニンジャバットマンはとにかくクドい熱血系お馬鹿映画だった(褒め言葉・ネタバレ)
  • 大阪市に迷い込んだ鹿

RSS
更新情報はRSSをご利用下さい