«« 大阪市に迷い込んだ鹿 | 富士山でお鉢巡りをしてきた »»

ニンジャバットマンはとにかくクドい熱血系お馬鹿映画だった(褒め言葉・ネタバレ)

2018年6月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニンジャバットマン見てきたんですが、主要登場人物が出演しまくりの、とにかくカラッとしたお祭り的な作品になってました!今作はいい意味で、頭がおかしい。自分としては大満足でした。熱血系お馬鹿映画として。


ニンジャバットマンを見てきました。

ニンジャバットマンのポスター

そういえばバットマンを一本しっかり見たことはなかったので、あんまり詳しいことは言えないのですけれど、自分の持っていたバットマンのイメージとしては、夜の闇、ダークヒーロー、葛藤、シリアス、というイメージだったんですが。
それが今作は、主要登場人物が出演しまくりの、とにかくカラッとしたお祭り的な作品になってました!

今作はいい意味で、頭がおかしい。
DCは良くこれを許したな...。
ファンの人によっては拒絶反応を起こすかもしれませんが、自分としては大満足でした。
熱血系お馬鹿映画として。

以下ネタばれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クドい。
でも面白い。いい。

またジョーカーか!なんでやねん!ありえへん!の連発で胃もたれする。
どこのオーバーテクノロジーだよ!歯車カラクリがスゴすぎるわ!!
けれど、他では味わえない独特の作風がたまりませんでした。

バットマンなんですが、グレンラガンとかキルラキルの中島かずき氏が脚本を書いて、ポプテピピックでやりたい放題した神風動画が制作しただけはあって、何でもかんでもコレでもか!コレでもか!と、ぶち込みまくっているのがすごかったです。

和風、峯不二子、城、ねぷた、戦国武将、魔改造のバッドモービル、ロボット、忍者、相撲、ゴリラ、ガトリング砲、忍術、日本昔ばなし、絵巻物語、茶室、主人公たちの後ろで横一列に同時爆発、合体(テーマソング付き)、巨大ものどうしのどつき合い、などなど。
おまえらこういうの好きだろ?と足元を見まくっているのが憎らしい。
あぁ、とっても大好きだよ!
特に後半から戦隊モノ風になっていくのが、最高でした。

落ち着いて細かいことを考えると、そもそもニンジャがバットマンの仲間になる理由が伝説とかなんだよとは思いましたけど。

でも頭を空っぽにして、何じゃそりゃ!と情報過多の流れに身を任せるのがとにかく楽しい映画でした。

■広告

ニンジャバットマン オリジナル・サウンドトラック
ワーナー ブラザース ジャパン (2018-06-13)
売り上げランキング: 59

投稿者 kuze : 2018年6月16日 01:35


■このエントリーに関連した記事

■「アニメ・コミック・ライトノベル」カテゴリの最新記事

«« 大阪市に迷い込んだ鹿 | 富士山でお鉢巡りをしてきた »»


自己紹介
PHPやVBによるコーディングやシステムエンジニアを仕事にしています。
主にiPhoneアプリの紹介やWeb開発などのPC系の話題と、アニメやゲームなどのサブカルな話題を取り扱っています。

[PR]

instagram

カテゴリ

最近のエントリー

最近掲載した画像
  • Surface go購入しました、ちょっとしたコードを弄ったりお絵かきに期待!
  • Surface go購入しました、ちょっとしたコードを弄ったりお絵かきに期待!
  • Surface go購入しました、ちょっとしたコードを弄ったりお絵かきに期待!
  • JAPANGLEの特撮爆破と、はりきり体育ノ介の博士オーバーアクションが見応えあり
  • Super Audio CDはクソ、(最近の)Macで再生できねー!
  • 未来のミライはタイトル&予告編詐欺だった(ネタバレ)
  • 未来のミライはタイトル&予告編詐欺だった(ネタバレ)
  • 先日ドメインとサーバーを引っ越しました
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • 富士山でお鉢巡りをしてきた
  • ニンジャバットマンはとにかくクドい熱血系お馬鹿映画だった(褒め言葉・ネタバレ)

RSS
更新情報はRSSをご利用下さい